ニュースリリース

日経Linux(2017年9月号)に、弊社エンジニア林幹久が寄稿いたしました。


日経BP社が発行されているLinuxやラズベリーパイに関する専門誌「日経Linux」に、弊社エンジニア林幹久が、「特集3 ラズパイで簡単にできる画像認識 黒板消しの置き方で記録を始めるホワイトボード撮影マシン」を寄稿いたしました。

弊社が提供する、最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」と「Raspberry Pi」を組み合わせ、ホワイトボードに記載した内容を自動的にクラウドに保存する仕組みの構築方法についてご紹介しております。

特徴は、ホワイトボードのイレイサーを録画開始/停止のスイッチにするために、「SCORER」のリアルタイム画像認識技術を活用している点です。 ご興味ある方はぜひ書籍を手に取りお試しくださいませ。

「SCORER」はこちら

「日経Linux」はこちら

Hyoushi201709_4cs5OL


(English) 言語: