ニュースリリース

地域の子育てに安心・安全を!川口市が児童センターに“AI検温パスポート”を導入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)が提供している検温システム”AI検温パスポートが、埼玉県川口市の児童センター計7か所へ導入されました。地域の子育てを支援する役割である児童センターでの来館者向けの検温業務を自動化するべく、導入を決定しました。

川口市子ども部子ども育成課育成係/戸塚児童センター
埼玉県でも有数のベットタウンでもある川口市。新型コロナウイルス感染拡大で不安な中、様々な工夫を実践し、孤立しない子育てを目指しています。
その中で、戸塚児童センターでの “AI検温パスポート”の活用方法について伺いました。

・ 導入拠点数:7拠点(南平児童センター、子育てサポートプラザ、子育てひろばポッポ、戸塚児童センター、芝児童センター、鳩ヶ谷こども館、南鳩ヶ谷地域子育て支援センター)
・ 1日の利用者数:約100名/箇所
・ AI検温パスポート台数:1台/箇所
・ 設置場所:入口付近
・ 導入時期:2020年12月

“AI検温パスポート”導入前の検温体制や課題について教えてください
従来は手動式非接触式電子体温計で1人ずつ検温を実施していました。このため、検温に時間がかかる、記録が必要、などの課題がありました。

− “AI検温パスポート“の利用方法について教えてください。
入口に設置し、利用者自身でプリントアウトされた検温結果を受付に持参いただいています。受付時に回収し、職員がチェックできるようにしています。

− “AI検温パスポート“導入して良かった点について教えてください。
利用者自身が自らカメラに立ち検温を行ってくださり、職員の検温作業が減りました。そのほか、写真で記録が残るため、だれがどのくらいの時間滞在していたかなども分かり、便利だと感じます。

− 新型コロナウイルス対策について教えてください
ソーシャルディスタンスを図り、3密をさけてて遊んでいただいています。
手指消毒をはじめ、1日4回30分ずつの換気やおもちゃの消毒、加湿器の増設、滞在記録など様々な対策を実施しています。

− 利用者や職員の反応を教えてください
AI検温パスポートを導入してからはしっかり対策をしているという印象が伝わっています。想像よりも子どもたちが積極的に検温してくれています。利用者との密を回避した関りや視診も大切にしながら“AI検温パスポート“を利用しています。


■「AI検温パスポート」について
映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を活用し、サーマルカメラで撮影した画像と検温結果をプリントアウトできるサービスです。顔認証AI技術により事前に登録した従業員等の本人確認も可能です。
「AI検温パスポート」を活用することで、従来サーマルカメラ周辺やWebサイトで確認していた検温結果を検温した本人が持ち歩き提示することが可能になり、何度も検温する手間を省くことが出来ます。
活用シーンとして、複数の入口があり各店舗で検温を実施している商業施設、入口にスタッフ配置が難しいライブハウスやWeb環境の持ち込みが難しい建設現場等、出入りが激しく煩雑になりやすい場所で有効性を発揮します。

サービスページ:https://www.scorer.jp/products/thermalpassport

■ 株式会社フューチャースタンダード
株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

代表取締役社長:鳥海 哲史
所在地:〒113‐0033 東京都文京区本郷3-15-2 本郷二村ビル5階
設立:2014年3月
事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
SCORERを利用したシステム開発
URL:https://futurestandard.co.jp/

【本サービスに関するお問い合わせ】
mail:pr@futurestandard.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加