ニュースリリース

【SDGs/公共インフラモニタリング】画像解析AIで路面状況の維持管理を支援する「Road Damage Detection」の無料開放を開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、道路の路面状況をAIで判定する「Road Damage Detection」アルゴリズムを2021年8月2日(月)から無料開放します。

■ 道路保全の社会課題
 安心・安全な交通を守るためには道路の維持修繕は必要不可欠な要素となります。特に昨今は事故が起きてからの「事後保全」ではなく、軽微な損傷のうちに修繕を行う「予防保全」がSDGsの観点からも重要とされています。一方で、財政面の制約も大きく常に軽微な損傷を発見することは非常に困難であるとされています。
 国土交通省によると道路の維持管理・更新費は年度辺り2兆円を超えるとされており、「予防保全」の積極的な推進を行っているとされております。
参考:https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/maintenance/02research/02_01_01.html

■ SCORERを活用した道路破損箇所の特定
 フューチャースタンダードでは軽微な損傷のうちに早期発見・早期修繕を行い、持続可能な社会作りを支援する目的でSCORER Cloud上で機能するAIアルゴリズム「Road Damage Detection」を無料で利用可能とします。
 これにより映像解析AIの利用範囲を拡大し、より効率的な公共インフラモニタリングの実現に協力してまいります。

■ Road Damage Detection について
 スマートフォンや小型カメラなどで撮影された動画をAIアルゴリズムにより解析し、破損箇所を検出・特定します。損傷個所のスナップショットとログデータから撮影地点=破損箇所を特定することができ、静止画および動画での目視確認もできるため修繕優先順位の判断も可能となります。なお、このAIアルゴリズムは既に実証実験で利用されており、月間7万件超の解析実績を有しています。
 破損箇所と工事によって発生した線(継ぎ目)を分けて検知し、横断歩道などの舗装のかすれも検出することができます。これにより効率的に修繕の優先順位付けを行うことができます。

<サンプル① 軽微な亀裂の検知>
<サンプル② 工事の継ぎ目>
<サンプル③ 舗装のかすれ>

このAIアルゴリズムはSCORER Cloudのアカウント発行後、コンソール上でプルダウンにより簡単に選択することで解析が可能となります。
 

 ○ Road Damage Detection の検出パターン
  縦方向の直線的な亀裂(破損)
  道路工事によって生じた縦方向の線(破損ではない)
  横方向の直線的な亀裂(破損)
  道路工事によって生じた横方向の線(破損ではない)
  平面的に広がっている亀裂(やや重大な破損)
  陥没などの損傷(重大な破損)
  車線のかすれ(破損)
  横断歩道のかすれ(破損)
 ○ Road Damage Detection のアウトプット
  ログデータファイル(テキスト)
  スナップショット(検知箇所)
 ○ 利用料
  無料
  ※動画撮影機材および動画撮影作業、アウトプットされたデータ集計作業は含みません。
  ※Road Damage Detection を利用した個別システムの開発・運用には別途費用がかかります。
  ※お申し込み状況により、予告なく無料提供の新規受付を停止することがありますのでご了承ください。

■ ご利用に関して
 利用対象:国や地方自治体などの公共団体および法人格を有する団体
 お申込み:当社お問合せフォームからご連絡ください。(https://www.scorer.jp/contact

■  株式会社フューチャースタンダードについて
 URL:https://futurestandard.co.jp/
 株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

 代表取締役社長:鳥海 哲史
 所在地:〒113-0033  東京都文京区本郷3-15-2 本郷二村ビル5階
 設立:2014年3月
 事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
      SCORERを利用したシステム開発

 【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
 pr@futurestandard.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加