ニュースリリース

Panyapiwat Institute of Management と株式会社フューチャースタンダードが映像解析に関わる共同プロジェクトを開始[:en]Future Standard and Panyapiwat Institute of Management Agree to launch a Joint Project on Image Analysis Technology in Thailand

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PIM

Panyapiwat Institute of Management(タイ、以下PIM)と映像解析プラットフォームの開発を行っている株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区 代表取締役:鳥海哲史、以下 フューチャースタンダード)は、タイにおける映像解析に関わる共同プロジェクトを本年9月より開始いたします。共同プロジェクトは、PIM, Faculty of Engineering and Technology のDr. Datchakorn氏と共に、現地における映像解析技術に関するニーズの調査を行い、現地に向けた新たなソリューション、サービスの開発を産学協同で進めます。将来的にフューチャースタンダードの画像解析技術をPIMのカリキュラムに組み、現地での映像解析技術の活用に役立てていく事も視野に入れてまいります。

共同プロジェクトの概要

フューチャースタンダードでは人が直接映像を見なくても監視・計測をリアルタイムで行える世の中を実現するプラットフォームを構築しています。近年タイではスマートフォンの普及が100%を超えるなど、IT技術に関わるマーケットが急速に普及しております。本共同プロジェクトでは、そのなかでもフューチャースタンダードが得意とする画像解析と、PIMおよびDr. Datchakorn氏を通じたタイでのネットワークを掛けあわせ、現地のニーズに合わせたソリューションを共同開発していく事で、画像解析技術を通じたソリューションサービス開発を産学連携で進めます。

Dr. Datchakorn Tancharoen氏のプロフィール

Panyapiwat Institute of Management, Faculty of Engineering and Technology 准教授。Chulalongkorn University卒業後、Chulalongkorn University, Center of Excellence in Telecommunicationにおけるリサーチアシスタントを経て、2001年から2003年にかけて東芝国際交流財団の奨学金により東芝生産技術センターにてリサーチエンジニアとしてのトレーニングプログラムに参加。2003年に文部科学省の奨学金にて東京大学大学院博士課程に入学。2007年に電子工学の博士号取得。研究テーマはマルチメディア処理技術、画像解析、ウエアラブルコンピュータシステム、ソーシャルメデア上の情報処理。

Panyapiwat Institute of Managementについて

タイ最大のコングロマリットであるCPグループ配下のCP All PlcのCorporate Universityとして2007年設立。経営学部、農学部、工学部、リベラルアーツなど様々な領域に渡る教育プログラムを提供。同大学はCPグループ全体の教育機関としての役割を担う。Work-Based Educationというテーマを掲げ、教室における授業とともにCPグループおよび関連会社での研修にも力を入れる

株式会社フューチャースタンダードについて

株式会社フューチャースタンダードは「未来の普通を予測し実現する」ことを目指して、 2014 年 3 月に設立。映像解析技術は広く認知されてきているものの、いまだ各技術が 利活用しづらい状態で一般の方々への恩恵が少ない状況です。スマホや格安の市販 IP カメラ、弊社独自開発の超小型スマートカメラなどを使ってだれでも簡単に映像解析技術を使えるし、世の中をより便利にいたします。

代表取締役:鳥海哲史
本社所在地:東京都文京区本郷 7 丁目 2 番 2 号
事業内容:リアルタイム映像解析プラットフォームの開発、および映像装置の開発。
問い合わせ先:https://www.futurestandard.co.jp/[:en]PIM

Panyapiwat Institute of Management (PIM) and Future Standard are pleased to announce today that they have agreed to launch a joint project emphasizing image analysis technology, as from September 2016. Together with Dr. Datchakorn Tancharoen from PIM, the project will thoroughly research the local needs and develop new and exciting image processing/analysis solutions for Thailand. The project also envisions creating a new curriculum for the Faculty of Engineering and Technology at PIM, using Future Standard technology.

About Joint Project

Future Standard is establishing a revolutionary platform to provide real time image analysis for a multitude of different businesses. Smart phones have penetrated more than 100% of the population, and the Information and Telecommunication market is booming in Thailand, making this a perfect opportunity for image analysis to take hold. With the combination of image analysis technology from Future Standard and business networks from PIM/Dr. Datchakorn, the project aims to establish new solution services for local business through the business-academia collaboration.

About Dr.Datchakorn Tancharoen

Dr.Datchakorn Tancharoen has received a B.Eng. degree in Electrical Engineering, as well as a Masters Degree, majoring in Communication Engineering and Digital Signal Processing, from Chulalongkorn University. He was awarded the Japanese Government Scholarship (Monbukagakusho Scholarship) to study at the University of Tokyo and he received the Ph.D. degree in Electronic Engineering in 2007. His research interests include Multimedia Processing, Image Technology, Data Analytics, Social Media and Internet Technology. He is currently the Director of Engineering and Technology Innovation Center (ETIC) and the Vice Dean in Faculty of Engineering and Technology at PIM.

About Panyapiwat Institute of Management

Panyapiwat Institute of Management (PIM) is an institution of higher education in Thailand. Established in 2007, PIM is supported by CP ALL and offers accredited Bachelor, Master and Doctoral programs. It operates as a corporate university and adopts Worked Based Education system for teaching, learning and researching, which distinguishes from conventional universities.

About Future Standard

Founded in 2014, Future Standard believes that, “The best way to predict your future, is to create it”. With the spread of smartphones and camera devices, image analysis technologies are becoming the new frontier. However, it still takes time and effort to utilize them in business. The overarching and dominant mission of Future Standard is establishing an efficient and effective image analysis platform to become the “Eye of IoT”.

CEO:Satoshi Toriumi
Address:7-2-2 Hongo Bunkyo-ku, Tokyo
Business:Establishing a real time image analysis platform and related devices.
URL: https://www.futurestandard.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加