ニュースリリース

映像解析AIの今がわかる『SCORER Partner Summit 2018』 を開催


映像解析ソリューションカンパニーの株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は2018年9月14日(金)、映像解析AIの今がわかる『SCORER Partner Summit 2018』を開催いたします。第一回となる今回は、新たにスタートする「SCORERパートナープログラム」の発表、並びに映像解析AIの研究において第一人者であり当社の技術顧問でもある東京大学大学院情報理工学系研究科准教授の山崎俊彦氏による映像解析AIに関する特別講演や、映像解析システムの開発プラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を活用した成功事例を紹介します。

 SCORER Partner Summit 2018 概要 

日時   :2018年9月14日(金)14:00〜16:45(受付開始 13:30〜)
場所   :秋葉原UDX 4F UDXシアター http://www.udx-t.jp/access.html
参加費:無料
SCORER Partner Summit 2018特設サイト
https://www.scorer.jp/partnersummit2018

〈タイムスケジュール〉
13:30〜 受付開始

14:00〜 オープニングスピーチ
フューチャースタンダード 代表取締役CEO 鳥海晢史

14:15〜 特別講演「IoTカメラを用いたAI研究事例」
東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授 山崎俊彦氏

14:40〜 パネルディスカッション「AI研究をビジネス活用するために必要なものとは」
スピーカー:山崎俊彦氏、鳥海晢史 モデレーター:藤井大地

15:10〜 パートナービジネス戦略の発表
株式会社フューチャースタンダード CAO 金田卓士

15:35〜 事例紹介1「映像解析AI × 交通量調査」
株式会社ホワイトボード 代表取締役社長 橘田考一氏

15:50〜 事例紹介2「映像解析AI × マーケティング」
株式会社クレスト 代表取締役社長 永井俊輔氏

16:05〜 事例紹介3「映像解析AIを活用した新ソリューション開発の事例」
TIS株式会社 長井大典 氏

16:20〜 SCORERの今後の戦略について
フューチャースタンダード 代表取締役CEO 鳥海晢史

16:45  終了

特別講師 山崎俊彦氏

東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授
東京大学工学部電子工学科卒業。東京大学工学系研究科電子工学専攻修了。博士(工学)。
学生時代は半導体物性を活かしたアナログVLSI研究に従事。
現在、東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻准教授。
2011~2013年まで米国・コーネル大学Visiting Scientist。
「魅力」の予測・要因解析・増強を行う魅力工学に関する研究を精力的に行っているほか、マルチメディア処理、物体認識・機械学習、最適などの研究を行っている。
IEICE、IEEE、ACM、ITE、JSPS、JSAI各正会員、フューチャースタンダード技術顧問。


(English) 言語: