ニュースリリース

株式会社フューチャースタンダード 映像解析プラットフォーム SCORER クローズドβテストを開始

service01

【概要】

映像解析プラットフォームの開発を行っている株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区 代表取締役:鳥海哲史、以下 フューチャースタンダード)は、「世界の『見える化』を加速させる」プラットフォームとして映像解析プラットフォームSCORERを開発しております。

この度、より多くの方に弊社のプラットフォームを知っていただき、使っていただくための施策として、クローズドβテストを行うことにいたしました。このクローズドβテストは弊社で開発したSCORERの機能の内、一部を実際に使っていただくことで、SCORERのコンセプトや簡単に映像に関するサービス/アプリケーションの立ち上げ体験などをユーザーの皆様と共有したいと思い、実施するものになります。

解析技術も、順次公開する予定ですが、第一弾としては、映像の撮影・録画・配信を行える機能を公開する予定です。

【クローズドβテスト詳細】

内容

今回のクローズドβテストでは弊社の開発したSCORERを利用するためのソフトウェアを配布いたします。そのソフトウェアを用いることで、Raspberry Piにつないだカメラをクラウド上で管理することが可能になります。それにより、自由にカメラネットワークを構築することが可能になり、発想次第で簡単に映像関連サービスを立ち上げることが可能になります。

今回はSCORERの中でも撮影・録画・配信機能を中心に公開する予定です。SCORERを利用することで、クラウド上で接続しているカメラの設定を変更したり、録画した映像を確認、配信したりすることが可能になります。

期間

募集期間: 2016年7月1日~
テスト実施期間: 2016年7月20日~9月30日

募集方法

以下のリンクからクローズドβテストサイトにアクセス頂き、登録フォームをご記入の上、ご応募ください。

クローズドβテスト告知サイト

【株式会社フューチャースタンダードについて】

株式会社フューチャースタンダードは「未来の普通を予測し実現する」ことを目的に 2014 年 3 月 4 日に設立されました。映像解析技術が広く認知されてきた世の中ですが、いまだ各技術が 利活用しづらい状態で一般の方々への恩恵が少ない状況だと判断し、スマホや格安の市販 IP カメラ、弊社独自開発の超小型スマートカメラなどを使ってだれでも簡単に映像解析技術を使える ようにすることで世の中をより便利にいたします。

代表取締役:鳥海哲史
本社所在地:東京都文京区本郷 7 丁目 2 番 2 号\
事業内容:リアルタイム映像解析プラットフォームの開発、および映像装置の開発。
問い合わせ先: http://www.futurestandard.co.jp/


(English) 言語: